マレフィセントを観てきました。ネタバレ注意です。

先日、マレフィセントを観てきました。予告を観たときから、ずっと観たいと思っていました。悪役にスポットを当てている点に、興味が惹かれました。マレフィセントが、一概に悪ではないのだという点・・・。眠れる森の美女を小さい時に、母と弟と3人で観に行ったことを思い出しました。その当時は、ただただ悪い魔女という認識でしかありませんでした。この歳になって、名前を知り、悪ゆえの苦悩と悲しみを目の当たりするとは思ってもみなかったです。アンジーのマレフィセントは、ただただ、「美しい」の一言でした。王との友情と愛情を育んでいたにもかかわらず、裏切られ、絶望。そりゃあ、オーロラ姫のことを憎くもなるわな・・・と納得するも、託された、3人の妖精よりも、深い愛情を注ぐ彼女。可愛さ余って憎さ100倍ですよね。というか、3人何してんねん!ってつっこみ入れたくなりました。誰よりも、何よりも、マレフィセントは、愛を全うしていたのだと思います。ここまで、愛にもがきながらも、着実に愛を育みつづける彼女を、悪としてよいのでしょうか?と勝手に、擁護している自分がいてました^−^;正直、最後のまとめは、苦しい気がしてなりませんが、着眼点とアンジーの美しさ、私自身の「愛」というテーマに過敏な状況から、個人的には、面白い作品でした!

雨の日の休日

今日はなんだか体がだるい。目が覚めるともう7時過ぎていました。なかなか起きれないのは朝日が入ってこなかったせいだったのでした。外はいつもより暗くて雨がざあざあ降っています。なんだか憂鬱な気分になってしまいます。でも一日家にいるのも退屈なのでとりあえず車に乗り込みました。娘の髪の毛がだいぶん伸びてきていたので髪を切りに行きました。湿気のせいなのか後ろ髪が絡まっていました。お店の人には「ちゃんとくしでといてくださいね。」と怒られてしまいました。なんだかショックでした。「長さはそのままで髪の毛の量を少なくしてください。」といったので「長さが左右違うけれどいいんですか?」といわれたのでした。は?そこは汲み取って切ってほしかったなと思いました。そのあとはマックに行きました。マックって中の作っている様子が丸見えです。なんだかあまり衛生的ではありませんでした。素手!素手!素手!すごく気になってしまいました。ポテトを買いましたが、なぜか塩味が全然しませんでした。塩分控えめだっだのでしょうか?そのあとは図書館に行きました。図書館ってなんでお腹が痛くなるのでしょうか?娘が二回もトイレに行きたくなったようでした。娘は久しぶりだったのでとても喜んでいました。私はというと眠たくてうとうとしちゃいました。今日は何でか一日中眠たくて仕方がありませんでした。帰ってから寝てしまいました。夕飯も作るのが面倒くさいのでそうめんにしました。沢山ゆですぎてしまったので明日もそうめんです。

書いた記事に共感してくれる人がいた

自分の名前を検索したら、こないだ仕事で書いた記事のことが出てきました。私が書いた羽生結弦選手についての記事の反応について、どなたかが「羽生結弦選手について妄想するおばさんに共感の声」という記事にしているのです。私は、おばさんたちが羽生選手について妄想したりしているけれども、別に害はないからそっとしておいてほしい、というようなことを、ちょっとユーモアも入れて書いたのですが、この記事のことがツイッターで話題になっていたらしく、けっこうたくさんのおばさんたち(美魔女たち?)が、共感のツイートをしてくれていました。羽生君とプルシェンコ選手の仲はどうも怪しい、みたいなことも冗談ぽく書いてしまったのですが、否定的に見る意見は出ていませんでした。「あながち間違いとは言い切れません」などというコメントや、「平昌に本気で行こうかと思ってる」などのコメントもあり、みなさんかなり羽生君に入れこんでいる様子でした。やっぱり羽生君を好きな年上の女性はたくさんいるんだなあ、私と同じような妄想を抱いている人もいるみたいだし、と思ってうれしかったです。自分の書いた文章をたくさんの人に読んでもらえるというのは嬉しいことですね。

今年の目標にチャレンジ

今日はピアノの試験がありました。試験なんて、大学卒業ぶり。卒業してからも、発表会や勉強会ではピアノを弾く機会があったけど、試験となると、やっぱり全然雰囲気が違います。正直、「人前で演奏するのにも慣れてきたかな・・・」なんて余裕な考えがよぎっていたけれど、大間違いでした。結果は大失敗。緊張であんなに手が震えるなんて知らなかったです。選曲も、今思えばミスだったと思います。自分の不安感や焦り、自身の無さがすべて音に出てしまうので、もっと慎重に選び、準備をするべきでした。また、楽典と和声は思っていたよりもできたけど、聴音は想像通り手も足もでない状態でショックでした。ピアノは始めて20年以上になるけど、弾けば弾くほど難しいことばかりだと感じます。それでも出来た時の達成感がとてつもないのでやめられないのです。今年の目標はこの試験に合格することなので、また再度チャレンジしたいと思います!次回はベートーヴェンじゃないものでやろうかしら。
そして、もうひとつ今年の目標だったフランス語。今日仏検4級の合格通知が届きました♪こちらはなんとか目標達成できたので、また来年は2級を目指して頑張りたいです。社会人になると自分のやりたいことが次々に出てきて大変。でも目標を持って毎日を過ごすと、生活にハリが出て、頑張れます

こだわりは人それぞれ

そう言えばフと思い出したのですが、普通のティーカップサイズなのに、紅茶に角砂糖10個以上入れてしまう方とか、コーヒーを頼んでピッチャーに入っている大量のミルクを全部入れてしまう方とかに会った事があります。
前者の方は味見させてもらいましたが、甘過ぎて飲めませんでした…紅茶の味は全くせず、単なる砂糖の味しかしませんでした。

紅茶に関して言えば、私は普段はストレートで飲んでいるせいか、市販の加糖紅茶のペットボトルも甘過ぎて飲めません。
私と友人、両方足して2で割ればちょうどいいのかも知れないんですけどね。

上記の話はちょっと極端すぎますが、食べ物って人によってこだわりが強いジャンルですよね。
お好み焼きの具、混ぜて焼くか混ぜないで焼くかで大げんかした方を知っています(互いに酒が入っていたのでそうなってしまったらしい)が、これは地方によって焼き方違うみたいですね。

「お好み焼きって自分で焼くのに料金取れるから、店は楽でいいよな」と話している方もいましたが、私の場合、全部お店の人が焼いてくれる所ばかりでした。
お客さんの前にはちゃんと鉄板はあります。でも店員さんがタネを鉄板に広げて「いじらないで待ってて下さいね」と言って立ち去って、時間になったらひっくり返しに来て、焼けたらタレとかつけてくれる店にしか行った事が無いので、自分で焼くお好み焼き…と言うのがピンと来ないんです。

食べ物のみ物一つ取っても、何だか奥深い話です。

姪っ子の誕生日ピザを焼きました

姪っ子の誕生日に私や、祖母に当たる私の母などで集まってホームパーティーをしたのですが、その際にピザを焼きました。
生地は市販で、ソースもケチャップに炒めた玉ねぎを入れただけ、具も切って乗せるだけで、調理もオーブンで焼くだけ。
豪華な見た目の割に、簡単かつ結構な量が作れるので、パーティーと言ったら自作ピザってイメージすら有ります。

ピザを作ることにした理由は、姪がチーズ嫌いなのでピザを食べたことがほとんどないらしい、というのもあるんですけどね。
店のピザだとチーズが乗ってないのは稀ですが、自分で作れば嫌なものは乗せずに作れますしね。
これを機に、趣味でのピザ作りを広めようという意図もあります。

流石に料理の腕は、母親として毎日家事してる人達には敵いませんが、姪っ子にはかなり喜んでもらえました。
予め聞いてた姪っ子の好きな材料で作ったり、姪っ子からすれば食べ慣れてない目新しい料理だったので、作戦勝ちといった所でしょう。

まあピザの反応は良かった物の、私からの誕生日プレゼントの反応は今一つだったんですが。
一応色んな人と相談した上でプレゼントを決めたんですけどねえ。
やっぱり人へのプレゼントを考えるのは苦手です。