フィリピンの食事はフォークとスプーン

5年前私がフィリピンに住みだした頃、一番慣れなかったのは食事の時のフォークとスプーンです。
日本にいた頃、洋食のフルコースでテーブルの両側に置かれたナイフとフォークを外側から選びながら食べた覚えはありますが、最初のフィリピンでの食事の際に料理のそばに置かれたスプーンとフォークには正直戸惑いました。

右手でフォークを持つべきなのか、それとも左で?
自分なりに機能的な使用法を想定しならが色々試してみますがどうもうまくいきません。
第一日本人はご飯をいただくときには、左手でおちゃわんを持つ習性があるので尚更です。

結局、となりに座った妻のやり方を観察することにしましたが、右利きの人は右手にスプーンを持ってご飯やスープを食べ、左手のフォークは主におかずを取るのに使うようです。

フィリピンは、昔スペインやアメリカに長年にわたって統治された経験からその文化や習慣は多国籍です。
一般家庭での料理は肉や野菜の煮込み料理が主流で、味付けは中国料理の影響を強く受けています。
そして食事の時に使う道具はおはしではなく、フォークとスプーン。

年配の方は東南アジア風に手づかみで食べる人もいます。

私はこの後も日本とフィリピンの常識や文化、そして生きていくことに対する考え方の違いにしばらく翻弄されましたが、その話はまたの機会に・・・。

ところで最近私の友人が日本から遊びに来て、現在の私の様子を見てこう言いました。
「おまえなんだか、フィリピンの人みたいだなあ」

なんだか嬉しいやら悲しいやら。

夏の日の思い出

先日行った母の実家は老朽化のため建て替えた後の家でしたが、子供の時に行ったときは本当の古民家でした。なにしろ五右衛門風呂でしたから。あのスリルを味わいながらの入浴はなかなかのものでした。貴重な経験だったと思います、今後ジャグジーを設置しようと思う人はいるでしょうが五右衛門風呂をわざわざ作ろうとする人はまずいないでしょうからね。
いとこが一杯集まってわいわいがやがやですから伯母さんは本当に大変だったと思います。でもね、その時みんなで食べたカレーの味が忘れられないのです。もちろん大勢で食べる楽しさもあったでしょうが、それにしても絶品の味でした。現在に至るまであれより美味しいカレーを食べたことはありません。恐らくね、鶏を一羽締めたのでしょう。今はどこでも肉が買えますが、あれは命の味がしました。考えてみれば子供の時にいい経験を一杯させてもらったのですね。これからはどんどん親戚関係が希薄になっていくのでしょうね。それは時代の流れだから仕方のないことだとは思いますが、めんどくさいこともあるでしょうがああいう人間関係も悪くはなかったなとつくづく考えました。
土の匂いと木の匂いに彩られた夏の日の思い出です。そして今年の夏の日の思い出になりました。

初めてのアイススケート!

夏休みに家族でアイススケートしに行きました。
私の住んでるところは雪が降らないので、スケート場が一つしかありません。
私たちはスケートが初めてなのでとても楽しみにしてました。
到着し、準備も終え、スケート場に入りました。
壁に手をつけながら滑りました。
改めて思った事があります。
子どもってすごいなと思いました。
子どもってコツを覚えたらすぐ滑れるようになるんですね。
娘は1時間もしないうちに滑れるようになってました。
私は、全然滑れなくて、壁に寄りかかりながら練習し、娘がうまくなったなと思っていたら主人もコツを掴んだのか楽しそうに滑っていました。
主人も初めてと言っていたので、短時間で滑れるようになるのはすごいなと思いました。
私は、たまに壁から手を離して滑る練習していました。
練習している私のところに主人と娘が来て、滑り方を教えてくれました。
主人と娘と手を繋いで練習するんですけど、私はちょっと怖かったです。
そして2人は、楽しそうに自由に滑りに行きました。
私だけまだうまく滑れないので、悔しくて練習をしていました。
スケートシューズは重いので足が痛くなります。
休憩しながら練習をし、少し滑れるようになりました。
とても嬉しくなり、夢中で練習をしていたら、バランスを崩して転んでしまいました。
尻餅をついたので、ズボンが濡れて、お尻が冷たかったです。
娘が私に気づき、来てくれました。
主人は夢中になって滑っているので、転んだ私には気づいていませんでした。
それから、娘と練習をして楽しみました。
スケートは、最初は怖いけど、練習しているうちにとても楽しくなって時間があっという間に過ぎていきます。
娘は満足したみたいで、終始笑顔でした。
この日は、遊び疲れでみんな早めに寝ちゃいました(笑)
また、機会があれば遊びに行きたいなと思います!

我が家のおもちゃ事情

夏も終わり、秋風を感じる今日この頃。

長男の「サンタさんまだー?」攻撃が始まりました。
クリスマスのシステムを知ってしまったもんだから、毎日毎日あれが欲しいこれが欲しいと、はっきり言ってウルサイです!!!!!

今年は、大きなはしご消防車が欲しいんだとか。
もう部屋は車だらけなんだけど、まだまだ車への情熱は冷めません。
置き場所もなくなってきたよー…

うちの長男坊は1歳頃から車に目覚め、アンパンマンや戦隊もの、トーマスは全く通らず、車一本で4歳まで来ました。
おもちゃ売り場のアンパンマンコーナーを通過しても、それはそれは冷めたもんです。
それがトミカなど車コーナーに入った途端にハッスルですよ。

でもまぁ、飽きずに何年も使いこんで遊び続けてるんだからいいのかな(^_^;)

男の子って大体分かれますよね。
戦隊もの好きか、乗り物好きか。
どっちも好きな子もいるとは思うけど、やっぱりはっきりしてることが多い気がします。
その点女の子はどうなのでしょうか。うちは息子二人なのでわかりませんが。

3歳過ぎたらレゴもけっこう遊びます。
でも、単体で遊ぶというよりは、やっぱりトミカなどの車と合わせて遊ぶことが多いかな。駐車場やガソリンスタンドを作ってみたり、ブロックそのものをトラックの荷物にしちゃったり。

私のおもちゃ選びのこだわりは、出来るだけ想像力を使って遊んで欲しいので、あまり音や光の鳴るものは買わないようにしてるんですけど、そういうのって子供は好きだし、祖父母やパパが買い与えちゃうので、まったく0っていうのは難しいです。
でもなんだかんだ最初だけで、子供自身あんまり遊ばないです。
やっぱりトミカで自分で「ブーン!」とか擬音をしゃべりながら遊ぶのが好きなようです。

今1歳半の、次男は生まれた時から周りが車づくしなので、やっぱり車好きになってます。そして毎日長男坊の遊ぶ様子を見ているので、遊び方が長男坊そっくり!!もう一丁前ですよー。

こちらとしてはおもちゃ代も浮くしありがたいことです。笑
男兄弟でよかったと思う瞬間です。笑

これはどういう状況

朝起きた時、とてつもなく驚かされました。何に驚かされたかというと自分に、自分の奇行に驚かされたのです。朝、いつもどおり起きて朝ごはんの支度をしようと布団をガバッとすると、なんと私はすっぽんぽんでした。隣ではちゃんとパジャマを着てスヤスヤ眠っている夫が。布団の中には私のパジャマが脱ぎ散らかされていました。その状況に一瞬フリーズしかけましたが、それよりも先に朝の準備をしなくては家族が遅刻してしまうと急いでパジャマを着なおして台所に向かいました。とりあえずその場は乗り切って遅刻は誰もしなかったので良かったのですが。夕方、仕事から帰ってきた夫に朝のすっぽんぽん事件について何か知っているかと尋ねてみました。すると夫は何も知らないようで夫が眠りにつく頃にはまだ私はちゃんとパジャマを着ていたそうです。なら寝静まった後に私が無意識で脱いだんでしょうか。こんなこと生まれて此の方初めてだったため、まるで見当がつきません。暑かったのでしょうか。それから数日が経ち、家族がみんな出払っている平日のお昼過ぎ。やることも全て終えた私はお昼寝をしました。少し肌寒かったので毛布をかぶりました。そして起きた時に驚愕しました。また脱いでいたんです。今度こそ疑いようもなく脱いだのは私自身でした。いったいなんなんでしょうね。

雨の日の休日

今日はなんだか体がだるい。目が覚めるともう7時過ぎていました。なかなか起きれないのは朝日が入ってこなかったせいだったのでした。外はいつもより暗くて雨がざあざあ降っています。なんだか憂鬱な気分になってしまいます。でも一日家にいるのも退屈なのでとりあえず車に乗り込みました。娘の髪の毛がだいぶん伸びてきていたので髪を切りに行きました。湿気のせいなのか後ろ髪が絡まっていました。お店の人には「ちゃんとくしでといてくださいね。」と怒られてしまいました。なんだかショックでした。「長さはそのままで髪の毛の量を少なくしてください。」といったので「長さが左右違うけれどいいんですか?」といわれたのでした。は?そこは汲み取って切ってほしかったなと思いました。そのあとはマックに行きました。マックって中の作っている様子が丸見えです。なんだかあまり衛生的ではありませんでした。素手!素手!素手!すごく気になってしまいました。ポテトを買いましたが、なぜか塩味が全然しませんでした。塩分控えめだっだのでしょうか?そのあとは図書館に行きました。図書館ってなんでお腹が痛くなるのでしょうか?娘が二回もトイレに行きたくなったようでした。娘は久しぶりだったのでとても喜んでいました。私はというと眠たくてうとうとしちゃいました。今日は何でか一日中眠たくて仕方がありませんでした。帰ってから寝てしまいました。夕飯も作るのが面倒くさいのでそうめんにしました。沢山ゆですぎてしまったので明日もそうめんです。

書いた記事に共感してくれる人がいた

自分の名前を検索したら、こないだ仕事で書いた記事のことが出てきました。私が書いた羽生結弦選手についての記事の反応について、どなたかが「羽生結弦選手について妄想するおばさんに共感の声」という記事にしているのです。私は、おばさんたちが羽生選手について妄想したりしているけれども、別に害はないからそっとしておいてほしい、というようなことを、ちょっとユーモアも入れて書いたのですが、この記事のことがツイッターで話題になっていたらしく、けっこうたくさんのおばさんたち(美魔女たち?)が、共感のツイートをしてくれていました。羽生君とプルシェンコ選手の仲はどうも怪しい、みたいなことも冗談ぽく書いてしまったのですが、否定的に見る意見は出ていませんでした。「あながち間違いとは言い切れません」などというコメントや、「平昌に本気で行こうかと思ってる」などのコメントもあり、みなさんかなり羽生君に入れこんでいる様子でした。やっぱり羽生君を好きな年上の女性はたくさんいるんだなあ、私と同じような妄想を抱いている人もいるみたいだし、と思ってうれしかったです。自分の書いた文章をたくさんの人に読んでもらえるというのは嬉しいことですね。

こだわりは人それぞれ

そう言えばフと思い出したのですが、普通のティーカップサイズなのに、紅茶に角砂糖10個以上入れてしまう方とか、コーヒーを頼んでピッチャーに入っている大量のミルクを全部入れてしまう方とかに会った事があります。
前者の方は味見させてもらいましたが、甘過ぎて飲めませんでした…紅茶の味は全くせず、単なる砂糖の味しかしませんでした。

紅茶に関して言えば、私は普段はストレートで飲んでいるせいか、市販の加糖紅茶のペットボトルも甘過ぎて飲めません。
私と友人、両方足して2で割ればちょうどいいのかも知れないんですけどね。

上記の話はちょっと極端すぎますが、食べ物って人によってこだわりが強いジャンルですよね。
お好み焼きの具、混ぜて焼くか混ぜないで焼くかで大げんかした方を知っています(互いに酒が入っていたのでそうなってしまったらしい)が、これは地方によって焼き方違うみたいですね。

「お好み焼きって自分で焼くのに料金取れるから、店は楽でいいよな」と話している方もいましたが、私の場合、全部お店の人が焼いてくれる所ばかりでした。
お客さんの前にはちゃんと鉄板はあります。でも店員さんがタネを鉄板に広げて「いじらないで待ってて下さいね」と言って立ち去って、時間になったらひっくり返しに来て、焼けたらタレとかつけてくれる店にしか行った事が無いので、自分で焼くお好み焼き…と言うのがピンと来ないんです。

食べ物のみ物一つ取っても、何だか奥深い話です。

姪っ子の誕生日ピザを焼きました

姪っ子の誕生日に私や、祖母に当たる私の母などで集まってホームパーティーをしたのですが、その際にピザを焼きました。
生地は市販で、ソースもケチャップに炒めた玉ねぎを入れただけ、具も切って乗せるだけで、調理もオーブンで焼くだけ。
豪華な見た目の割に、簡単かつ結構な量が作れるので、パーティーと言ったら自作ピザってイメージすら有ります。

ピザを作ることにした理由は、姪がチーズ嫌いなのでピザを食べたことがほとんどないらしい、というのもあるんですけどね。
店のピザだとチーズが乗ってないのは稀ですが、自分で作れば嫌なものは乗せずに作れますしね。
これを機に、趣味でのピザ作りを広めようという意図もあります。

流石に料理の腕は、母親として毎日家事してる人達には敵いませんが、姪っ子にはかなり喜んでもらえました。
予め聞いてた姪っ子の好きな材料で作ったり、姪っ子からすれば食べ慣れてない目新しい料理だったので、作戦勝ちといった所でしょう。

まあピザの反応は良かった物の、私からの誕生日プレゼントの反応は今一つだったんですが。
一応色んな人と相談した上でプレゼントを決めたんですけどねえ。
やっぱり人へのプレゼントを考えるのは苦手です。